年増の風俗嬢の凄テク

非日常はすぐそこにあった

「非日常」という言葉の重大さ。それは社会人であればだれもが気付いているんじゃないですかね。学生時代には当たり前だったことが、社会人になると貴重になっていくんです。まさに「非日常」になっていって、自分から楽しもうって思わないとなかなか楽しめないようになっていくんですよね。だからこそ、楽しいことは自分で見つけなければならない。そんな危機感の中で風俗を楽しむようになりました(笑)女の子という存在そのものが非日常的なものになっていくんです。でも、風俗なら簡単に女の子と楽しめるじゃないですか。つまるところ、非日常ってそんなに特別なものではないんですよね。風俗ってそこまでハードルの高いものではないですし、こうして自由に自分で楽しめるものなんだなってことにも気付かされたので、手軽に楽しんでいます。そんなに頻繁にって訳にはいかないですけど、楽しみたい時に楽しめるのが気に入っているし、助けられているなって。

時には運も味方になる

毎回って訳じゃないですけど、風俗ではデリヘルを楽しむことが多いです。気楽なのもそうですし、口下手な自分にはお店よりも外の空気が据えるデリヘルの方が合っているような気がするんですよね。それでこの前の風俗でもデリヘルを楽しませてもらったんですけど、ホテルがやたら豪華だったんですよ。他の部屋が空いていなかったので、割と高めの部屋にしたんです。その時にはちょっと痛い出費かなって思ってしまったんですけど、でもよくよく考えたら、むしろそれがラッキーだったんです。広かったので、相手の子がかなり上機嫌だったんですよね(笑)「これだけ広いとこっちも解放感があってよいよね」みたいに言ってくれたので、予期していないことだったとはいえ、思わぬ形でラッキーが舞い込んできたので本当に助かりましたよ。むしろそのおかげで、自分の中でいろいろな気持ちを味わうことが出来たんです。デリヘルを楽しむ時には、場所に関してもそれなりにこだわるべきだなと。